今日は何の日?
今日は何の日を毎日発信…は無理だけろうけど… たまに抜けますが、すみませんm(__)m。 なお、著作権等に問題がある場合には即対処いたしますので、メールをお願いいたします。
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

【光母子殺害・本村さん会見(2)】
「彼が納得しているか見極めたくて、背中を見つめていた」

 --死刑という刑があることに悩まれたこともあったと思うが、今の思いや悩みはどうなったか

 「死刑という問題は、この法治国家ができてから古くて新しい問題で答えがないと思っていますが、人の命を最も大事なもの思っているから死刑という制度も残されてきたのだと思います。この判決を受けて被告に対して刑罰が重いという人、適したものという人がいると思いますが、それを論じても意味がないと思います。死刑というものがあって、人の命をこの国がどう判断するかということを国民の皆さんが関心を持ったから、(この事件に)世論が集まったんだと思います。死刑に関してはいろんな議論があると思いますけど、死刑存続の方も廃止の方も目的は安全な社会をつくることに変わりはないと思います。だから犯罪を減らせるかどうかということに、私は人々の力とか労力を傾注すべきではないかと思います。両手放しに死刑は必要だとか間違っていないとか言えないので、迷いながら悩みながらこの制度を維持してゆくべきではないかと思います」

 《法廷で判決文が朗読されている間、本村さんは被告の後ろ姿をじっと見つめていた》

 --法廷で被告を見ていたが

 「判決文を聞いていました。まさに私が裁判を通して思っていた疑問をすべて解消してくれた。すばらしい判決だったので、きっちりと被告人は聞いて、今後残された人生をどう歩んでいくべきか考えていただきたいと思います。ですから被告がこの判決を聞いているかどうかを見届けたくて、彼が納得しているか見極めたくて、ずっと彼の背中を見ていました」

 --本村さんからはどう見えたか

 「わかりません。彼がどういう風に感じていたのか、私は知ることができなかったです。ただこれで彼は決して発言する機会がなくなったわけではないし、社会に何か発信する権利が奪われたわけでもありません。この裁判所が示したことに間違ったところがあるなら事実と違うと訴えればいいし、もし罪を逃れたいためにうその供述をしたのであれば、それは悔い改めるべきではないかと思います。もしこのままであれば、彼の人生であったり、裁判で言ってきたことがこの差し戻し審でほごされたわけです。少なくとも彼はこれまで犯行事実を認めて謝罪して反省していたわけです。僕はそれをひるがえしたことが一番悔しい」

 《ここまで話すと目に涙が浮かんだ。本村さんは被告に言い聞かせるかのように語気を強めて、答えを続ける》

 「最後まで事実を認めて、誠心誠意反省の弁を述べてほしかった。そうすれば死刑は回避されたかもしれない。なぜ遺族感情を逆なでして彼がああいった供述をしたのか。まだ謝罪の気持ちがあるなら、差し戻し審でうその供述をしたんであれば正直に述べてほしい」

 --閉廷後、被告は傍聴席に一礼をしたが、どのように感じたか

 「彼がどういった心境で頭を下げたのか、わかりません。ただ、判決文を読んで彼が犯した罪を再認識して、心から謝罪ができる日が彼に訪れることを願っています」
 --これまでに被告から4通、謝罪の手紙が届き、開封していないと19日の会見で言っていたが、死刑判決を受け開封するのか

 「いえ、私は生涯開封しないと思います。高裁の見解であったように、罪を逃れたいがために書いた反省文であるだろうし、本当の気持ちが書かれていない可能性が高いと思います。この判決以降に彼が書いてくれた手紙なら読む準備がありますが、それ以前の手紙は生涯開封しません」

 --被告にかける言葉はあるか

 「彼には胸を張って、死刑を受け入れてもらいたいと思います。胸を張れるまでには相当の苦悩を重ね、自らの死を乗り越えて反省しなければいけないと思います。そうした境地に達して自らの命をもって堂々と罪を償ってほしいと思っています」

 --この死刑判決を受け、今後、厳しい量刑が続くと思う。死刑のハードルが下がることについてどう思うか

 「そもそも、死刑に対するハードル、という考えがおかしいと思います。日本の法律は、1人でも人をあやめたら死刑を科すことができます。今回、過去の判例にとらわれず、個別の事案をきちんと審査して死刑に値するかを的確に判断したこと。今までの裁判であれば、無期で決まりだったが、それを乗り越えたことが非常に重要だし、裁判員制度導入を前にこういった画期的な判決が出ることは意義があると思います。もっと言えば、過去の判例にとらわれず個別の事案を審査して世情にあった判決を出すと言った風土が日本の司法に生まれることを切望します」

NEXT


コスメ・スキンケア通販
スポンサーサイト

テーマ:許されない出来事 - ジャンル:ニュース

この記事に対するコメント

この記事に対するコメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


この記事に対するトラックバック
トラックバックURL
http://yamagata2y.blog55.fc2.com/tb.php/375-e929643c
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

星が見える名言集100



リンク

このブログをリンクに追加する



最近の記事



プロフィール

yamagata2

Author:yamagata2
山形県出身・・・ですが、最近では、東京、名古屋、大阪、京都、徳島と渡り歩いて、言葉がごちゃごちゃです。えろ~、すんまへんな~??



最近のトラックバック



月別アーカイブ



ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる



ブログ内検索





上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。